税理士法人あさひ

税理士法人あさひ

お気軽にお問い合わせを!(平日9:00~18:00)

0285-28-0996

トップページ » 中小会計要領
中小会計要領

正しい会計ルール(「中小会計要領」等)の積極的な活用を支援します。

中小会計要領(「中小企業の会計に関する基本要領」)は、平成24年2月1日に公表され、国及び都道府県が中小企業の決算書を分析する際の基準となりました。
中小会計要領の目的は、次の4つとなっています。
1.経営者の経営判断に役立つ会計
2.決算書により正しい報告をする会計
3.会計の実務慣行に配慮した会計
4.中小企業に過重な負担をかけない会計
このことにより、すべての金融機関は融資判断に際して、この中小会計要領を尊重することとなりました。
当事務所では、中小会計要領に沿って適切な記帳(入力)ができるようご支援します。

中小会計要領は「中小企業の経営者が活用しようと思えるよう、理解しやすく、自社の経営状況の把握に役立つ会計」とすることが目的の1つとなっています。
要領に記された会計のポイントは次の14項目です。

中小会計要領ポイント14 項

中小会計要領は「中小企業の利害関係者(金融機関、取引先、株主等)への情報提供に資する会計」とすることが目的の1つとされ、金融機関の融資審査に配慮された内容になっています。
※一例として日本政策金融公庫をはじめ、多くの金融機関が、中小会計要領の適用企業に対して融資の金利を優遇する制度を採用しています。

中小会計要領の適用には、適時・正確な記帳が前提とされています。
そのためには、貴社で日々記帳(入力)を行うことが重要です。
当事務所では、中小会計要領に沿って適切な記帳(入力)ができるようご支援します。
また、貴社を毎月訪問して適時に正確な記帳(入力)が行われているか確認させていただき、処理に誤りなどがあれば丁寧にご指導をいたします。
詳しくは、当事務所にご相談ください。

▲PAGE TOP
社長メニュー
TKCプログラムダウンロード